Webサービス

無料で使えるクラウドストレージの徹底比較。おすすめはこれだ!5選

更新日:

 

どうも、じゅんぺい@jumpe1k01ch1)です。

一昔前は、様々なデータや写真はハードディスクに保存していましたが、現在はクラウドストレージに保存するのが主流になってきました。

そこで今回は、個人向けのおすすめクラウドストレージサービス5選を紹介したいと思います。

 

そもそもクラウドストレージとは?

クラウドストレージとは?

オンラインストレージとは、クラウド環境に存在するハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)のことを指し、インターネットを介してファイルを保存しておけるストレージのことです。

Google DriveやDropboxなどのサービスが代表的として挙げられ、従来はコンピューターやスマートデバイス本体のストレージに保存していたファイルデータを、オンラインストレージに逃がすことにより、空き容量を確保できます。

引用元:https://boxil.jp/mag/a1274/

 

簡単に言うと、インターネット上にデータや画像を保存しておくということですね。

 

クラウドストレージサービス5選

Dropbox

URL:https://www.dropbox.com/ja/

容量:2GB

※友達紹介で最大16GBまで無料で増やせます。

Dropboxのメリット

  • シンプルなデザインで使いやすい
  • 間違えて消去してしまったファイルを30日間以内なら復元できる

Dropboxのデメリット

  • 無料で使える容量が少ない
  • 秀でたメリットがない

 

クラウドストレージといえば、最初にDropboxを思い出すくらい有名なサービスです。

良くも悪くも特徴がないといった印象です。

最初から使える容量も2GBとなっており他社と比べ少なめです。おそらく友達紹介前提の容量設定なのかもしれません。

※友達紹介で最大16GBまで増やせます。

 

iCloud

URL:https://www.apple.com/jp/icloud/

容量:5GB

iCloudのメリット

  • Apple製品との連携

iCloudのデメリット

  • Apple製品以外で使えない(最近Windows10が追加されました)

 

Appleのクラウドストレージです。

Appleの商品しか使わないという人にはぴったりです。iPhone、Macに最適化されているので動作も軽いです。

AndroidなどApple以外のデバイスも利用している人は候補から外しましょう。

Google Drive

URL:https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

容量:15GB

Google Driveのメリット

  • 無料で15GBも使える
  • 様々なGoogleのサービスと連携がとりやすい

Google Driveのデメリット

  • Google Drive上に保存されているファイルはGoogleに見られる可能性がある。

 

今回紹介するクラウドストレージの中で無料で使える容量が最も多いのがGoogle Driveです。

Googleのサービスをたくさん利用している方は、Google Driveにすると作業がはかどるでしょう。

しかし、Google Driveの規約にはユーザーがGoogle Drive上に保存したファイルにはGoogleがアクセスしてもいいという規約が存在します。

セキュリティに神経質な人は、利用しないほうがいいかもしれません。

 

Prime Photo

容量:無制限(画像のみ)

URL:https://amzn.to/2HBabq6

Prime Photoのメリット

  • 画像保存の容量が無制限

 

Amazon Primeに入っている方のみのサービスになります。

Amazon Primeに入っていてクラウド上に写真しか保存しないぞという人は、Prime Photo一択でしょう。

なぜなら、Prime Photoでは画像に限っては容量無制限で保存可能だからです。

Amazon Primeについてはこちらの記事をご参考ください。

Amazon Prime Studentがおすすめすぎる!できること・メリットまとめ

 

OneDrive

URL:https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

容量:5GB

OneDriveのメリット

  • Office365(Word、Excel、Powerpoint)との連携

OneDriveのデメリット

  • 同期が遅い

 

最大の特徴は、Officeとの連携性でしょう。

他のクラウドサービスでもWord、Excel、Powerpointのファイルの保存は可能ですがOneDriveとの相性や利便性とは比べ物になりません。

ビジネスや法人利用をするならOneDrive一択ですね。

僕は、現役大学生ですが僕の大学では学生一人一人にOffice365の利用権が与えられるため200GB利用することができます。

 

まとめ

皆さん、いかがでしたか?

デバイスや環境によって、あなたにぴったりなクラウドサービスを異なります。

Prime Photo以外は、すべて無料で使えるのですべて使ってみて判断するのもいいかもしれませんね。

大学生におすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

大学生に問わずおすすめの口座開設数No.1証券会社の「SBI証券」。開設する証券会社を悩んだらとりあえず「SBI証券」を選んでおけば間違いありません。

楽天証券

楽天証券は文字通り楽天グループのネット証券会社です。楽天銀行と楽天証券を連携させる、楽天カードで投資信託を買うなどで楽天ポイントがザクザク貯まります。

よく読まている記事

1

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 Macbook Proを購入したあなた!Mac使いこなしていますか? Macbook Proのみでもとっても便利ですが周辺機器・ア ...

2

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 今回は、外出先でノートパソコンも充電できる大容量モバイルバッテリーを価格別に紹介したいと思います。 ノートパソコンを充電できるモバ ...

3

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 最近あまり経営状況がよろしくなさそうなブックオフ。昔なら買取をしてもらうならまず第一に名前が挙がるのがブックオフでした。 しかし、 ...

-Webサービス
-

Copyright© Gadget Lab.(ガジェットラボ) , 2019 All Rights Reserved.