MacBook Pro 13インチのおすすめケース8選

 

どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

 

Macbook利用者の皆さんに質問です。Macbookを持ち運ぶときケースに入れて持ち歩いていますか?

おそらく半分以上の方は、裸でMacbookを持ち歩いているのではないでしょうか。

 

結論から言うと、Macbookを持ち歩く際はケースに入れて持ち運ぶことを強くおすすめします。

ケースがあれば持ち歩く際も便利ですし、何よりケース似れておけば傷や衝撃から守ることができます。

 

というわけで今回は、Macbookを守るおすすめケースを紹介したいと思います!

Macbook Proにおすすめ!アクセサリー・周辺機器まとめ

続きを見る

Macbook Airに便利!おすすめの周辺機器・アクセサリー

続きを見る

 

Macbookケースを購入する際のポイント

 

Macbook選ぶ際のポイントは以下の2つです。

  • ケースの素材
  • インチ数

ケースの素材

スマホケースにも様々な素材のケースがある通りMacbookケースの素材にもいくつか種類があります。

例えば、プラスチックやシリコン、衝撃吸収スポンジなどそれぞれ特徴があります。

 

インチ数

当然ですがインチ数があったケースでなければパソコンが入らないか、ぶかぶかです。

よく見ないで購入すると間違えてしまう必要があるので注意が必要です。

 

この記事で紹介するケースは、すべてMacbook Pro 13インチがぴったり入るケースなのでご安心ください。

 

Macbookケースの種類

インナー型ケース

 

インナー型ケースとは、文字通りMacbookを丸ごと入れるタイプのケースです。

クッション素材を利用していることが多いため耐久性に優れます。

 

インナーケースに入れておけば、満員電車でもMacbookがつぶされる心配がありません。

 

カバー型ケース

 

カバー型ケースとは、Macbookに直接装着するタイプのケースです。

素材は、シリコンやプラスチックを使っていることが多いです。

 

インナー型ケースに比べ耐久性は劣りますが、擦り傷やひっかき傷などには強いです。

また、ケースを付けたままMacbookを利用できるのも大きな特徴の一つでしょう。

 

中には、おしゃれなデザインのカバー型ケースもあるので自分好みの個性を出すこともできます。スマホケースに近いイメージです。

 

Macbookケースおすすめ10選

TOWOOZ 折りたたみ式ケース

ポイント

  • カラー:グレー、PUグレー、ピンク、PUピンク、ブルー、PUブルー、グリーン、PUブラック 
  • ケース素材:レザー
  • 種類:インナー型
  • 特徴1:マグネット式の開閉
  • 特徴2:フタが折り畳んでスタンドに

 

Inateck ラップトップスリーブケース

ポイント

  • カラー:グレー、ブルー 
  • ケース素材:ポリエステル製
  • 種類:インナー型
  • 特徴1:マグネット式の開閉
  • 特徴2:ポケット、アクセサリーポッチあり

 

サンワサプライ プロテクトスーツ

ポイント

  • カラー:ブラック
  • ケース素材:ウェットスーツ生地
  • 種類:インナー型
  • 特徴1:ファスナーなし

 

エレコム パソコンケース

ポイント

  • カラー:ブラック、ネイビー、グリーン、ホワイト
  • ケース素材:低反発ポリウレタン
  • 種類:インナー型
  • 特徴1:ケース内側には中身をキズつけにくいベルベット調素材

 

Inateck 13.3Inch インナーケース

 

ポイント

  •  ケース素材:ライニング材料
  • 種類:インナー型

おしゃれなMacbookケースが欲しい方にはおすすめなケースです。

また、おしゃれなだけでなくライニング材料を使っているのでカビを防ぎ、耐摩耗性もあるのでコンピュータは傷つけられません。

 

 Tomtoc 360°保護 耐衝撃 インナーケース

 

ポイント

  • ケース素材:ウレタン
  • 種類:インナー型

今回紹介するケースの中で最も耐久性があるのがこのケースです。

360度保護エッジとコーナーがあるため、自動車のエアバッグのようにノートパソコンをダメージから守ってくれます。

 

余談ですが、アメリカでの実例で時速100キロのオートバイから飛び出してもMacbookは無事だったそうです。

 

Mosiso New MacBook Pro 13

 

ポイント

  •  ケース素材:ハードシェル
  • 種類:カバー型

カラーは全36種類の中選べるので、Macbookに個性を出したい方にはこちらのケースをおすすめします。

また、ケース下部裏面には放熱スリットが付いているので熱がこもりにくくなります。またゴム足があるので、机とMacbookの間は空気の流れが可能です。

 

カバー型ケースの弱点である熱のこもりやすさも対策されているおすすめのカバー型ケースです。

 

まとめ:万が一のためにもケースを!

いかがでしたか?

気になるケースは見つかったでしょうか。

 

Macbookを裸で持ち歩くのとケースを付けて持ち歩くのでは、耐久性が大きく変わります。

満員電車でノートパソコンが圧し潰されてしまったなんて話も聞きますからね。

 

当ブログでは、安価なケースでもいいのでケースを付けて持ち歩くことをおすすめします!

Macbook Proにおすすめ!アクセサリー・周辺機器まとめ

続きを見る

Macbook Airに便利!おすすめの周辺機器・アクセサリー

続きを見る

 

-Gadget
-,

Copyright © じゅんぺいメモ , All Rights Reserved.