仮想通貨

ネムがタダでもらえる! NEM Mainnet Faucetのやり方

更新日:

 

どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1です。

今回はNEM(ネム)がタダでもらえる「NEM Mainnet Faucet」の使い方をご紹介したいと思います。

 

NEM Mainnet Faucet とは ?

 NEMのMainnetのXEMをタダで貰えます。4時間に一回だけFaucetを回して少量をGET!できます。 Faucetを使用するのに必要なものはNEMのAddressだけです!nanoWalletを使用して下さい。 3つ(Prikey, Pubkey, Address)セットで出力するので重宝します。忘れずに記録して下さい!
Faucet使用においていくつかの注意点があります。
 1つめ、ユーザーのデータ管理はユーザーのCookieとNEMのブロックチェーンを使用しております。その為ユーザー の使用する機器が破損するなどCookie情報が失われると獲得したXEMは失われます。また複数の機器使用は不正と判断します。 プログラムで検出された場合、データは無効になります。
 2つめ、ユーザーの Cookie と NEM BlockChain にのみ情報は記録されます。 その為、サイトの残高は別のユーザーが大金を引き出すと急激に減少し、ユーザーが獲得したXEMに満たない量(または全く)しか手に入らない可能性が ありますのでご注意ください。
 3つめ、Faucetの最低出金額は5XEM、出金手数料は5XEM、出金時にランダムでMosaicがオマケされます。5XEM以上溜まるまでWithdrawボタンは現れません。
 4つめ取引所のアドレスは使用しないでください。任意のコメントを送信できないので取得できません。
 5つめ、このサイトは実験的な側面があります。その為、事前の告知なしにサイトの仕様変更や閉鎖を行いますがご了承をお願いいたします。
登録した時点で上記の注意書きを了承したものと判断します。2017/7/13

公式サイトから引用

 

どれくらいNEMをもらえるのか

4時間に1度NEMマーククリックするだけでNEMを獲得できます。

※Mosaic(モザイク)とはNEM上で発行されるトークンです。

ちなみに私は、三等は二回当たったことがあります。Twitterを見ると二等が当たったという方もいました。

 ※注意事項
1. ユーザーのデータ管理|ユーザーのCookieとNEMブロックチェーン使用
2. 使用機器が破損するなどCookie情報が失われると獲得したXEMは消失
3. 複数の機器使用は不正
4. Faucetの最低出金額5XEM出金手数料5XEM
5. 5XEM以上溜まるまでWithdrawボタンは出てこない
6. 取引所のアドレスは使用不可
7. 事前告知なしにサイトの仕様変更閉鎖を行う

 

NEMアドレスの登録

まずはじめに公式HPにアクセスします。→こちら

NEM Address」にNano Walletアドレスを入力し「Signup!」を選択。まだ、Nano Walletを作成していないという方はこちらの記事で作成方法を記載していますので→nano wallet(ナノウォレット)の登録方法、使い方で作成してください。

これでNEM Mainnet Faucetへの登録は完了です。

 

NEM Mainnet Faucetの使い方

ページの中段に上記のようなNEMマークがあると思います。そこから「私はロボットではありません」→NEMマークを選択してください。NEMがタダでもらえるはずです。

 

まとめ

少額ですがタダでもしかしたら、25xemもらえるかもしれないのは非常にうれしいですね。暇な時にやり続ければチリも積もれば山となるなので、なかなかの額になるかもれしません。

一等が取れたらアップします!

 

仮想通貨を安全に管理

今回、NEM Mainnet Faucetのやり方を解説しましたが、NEM Mainnet Faucetで貯めた仮想通貨を取引所に送金し、そのまま取引所に置いておくのはとても危険です。

Coincheckやマウントゴックスのように仮想通貨を取引所から盗まれる事件が後を絶ちません。

そのため、当ブログでは取引所以外のウォレットで仮想通貨を管理することを推奨しています。

仮想通貨を管理する最も安全な方法はハードウェアウォレットで管理することです。

こちらの記事でハードウェウォレットについて細かく解説していので是非ご参考ください。

仮想通貨を管理するならハードウェアウォレット!おすすめ3選

 

 

大学生におすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

大学生に問わずおすすめの口座開設数No.1証券会社の「SBI証券」。開設する証券会社を悩んだらとりあえず「SBI証券」を選んでおけば間違いありません。

楽天証券

楽天証券は文字通り楽天グループのネット証券会社です。楽天銀行と楽天証券を連携させる、楽天カードで投資信託を買うなどで楽天ポイントがザクザク貯まります。

よく読まている記事

1

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 Macbook Proを購入したあなた!Mac使いこなしていますか? Macbook Proのみでもとっても便利ですが周辺機器・ア ...

2

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 今回は、外出先でノートパソコンも充電できる大容量モバイルバッテリーを価格別に紹介したいと思います。 ノートパソコンを充電できるモバ ...

3

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 最近あまり経営状況がよろしくなさそうなブックオフ。昔なら買取をしてもらうならまず第一に名前が挙がるのがブックオフでした。 しかし、 ...

-仮想通貨
-,

Copyright© Gadget Lab.(ガジェットラボ) , 2019 All Rights Reserved.