学生

親がクレジットカードに反対の大学生へ。現役大学生が教える説得方法

更新日:

 

どうも、大学生のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

高校を卒業して大学生になりクレジットカードを作りたいと思っている大学生も多いですよね。

それでも、親にクレジットカードを反対されている人もいるのではないでしょうか?僕もそのうちの一人でした。

そこで今回は、大学生の僕がクレジットカードに反対していた親を実際に説得・納得させた方法を紹介していこうと思います。

 

クレジットカードを持つには親の同意・審査は必要?

そもそもあなたは20歳以上の大学生ですか?20歳以上であれば親の同意無しでクレジットカードを発行することができます。

しかし残念ながら20歳未満の大学生の場合は、親の同意が必要となります。

勝手に作ろうとしても発行には親のサインとカード会社から親に直接確認の電話が入るので親の同意は必須です。

 

なぜ親がクレジットカードに反対するのか?

親がクレジットカードを作ることに反対をしているのなら、まずはその理由を考えてきましょう。その理由を納得させれば同意してくれるはずです。

反対する理由の多いものとしては、

  • 親の世代はクレジットカードを借金だと思っている
  • 大学生にクレジットカードは早い
  • クレジットカードを使いすぎてしまう
  • 無くしたら大変なことになる

などなど。

 

クレジットカードを使いすぎてしまうと思っている

クレジットカードはその場にお金が無くても買い物することができますね。言ってしまえば借金です。

また、クレジットカードと言えばいくらでも使えてしまう印象を持っている人が多いですが大学生が使うことのできるクレジットカードはほとんどのものが最大でも2ヶ月で10万円までと上限が決められています。

クレジットカードを使いすぎるのが心配な親には、

しっかり上限があるから使いすぎる心配ないよ」と言いましょう。きっと安心するはずです。

 

大学生にクレジットカードは早いと思っている

一昔前の大学生にはクレジットカードはあまり必要がないかもしれませんが、今の時代、クレジットカードはネットショッピングなどで必須になります。

親の世代では大学生がカードを持つのは早かったかもしれないですが、今は大学生にもクレジットカードは必要であり利用している人も多いということを伝えてみましょう。

 

無くしたら大変なことになる

クレジットカードはなくしたら大変なことになると心配されている人も多いのではないでしょうか?なくして知らない人に使われることを心配しているわけですね。

もちろん無くさないことは大前提ですが、万が一クレジットカードを無くしたとしてもカード会社に連絡することですぐにカードを停止することができることを親に伝えましょう。

また、万が一知らない人に買って使われたとしても不正な利用の場合カード会社が保証してくれるので安心です。

もちろん、無くさないことが大前提ですよ!

 

次に、以下で親をクレジットカードに反対する親を説得する方法を紹介してきます。

 

親を説得する方法5選

海外旅行にクレジットカードは必須

知っている人も多いかと思いますが海外では現金よりもクレジットカードで決済するほうが一般的です。というよりも現代において、現金至上主義なのはほぼ日本のみですね。

大学生にもなると留学をしたり海外旅行に行くという人も多いでしょう。

海外では現金を持ち歩くという行為は海外では盗まれたりと危険です。

クレジットカードの場合、もしも盗まれたとしてもカード会社に電話することですぐに利用停止することができますし、万が一他の誰かが自分のクレジットカードを不正に利用されたとしてもカード会社が補填してくれます。

海外旅行に行く少し前などに合わせてクレジットカードを作りたいことを伝えると許してくれる可能性大ですね。

 

クレジットカードは信用の証で身分証明になる

クレジットカードって世の中で言うならば「信用の証」とされているのって知っていますか?そもそも「クレジット(credit)」の日本語訳は信用という意味ですよね。

たかだかクレジットカードを持っているだけで、なぜ信用の証となるかというとクレジットカードの発行の際の審査は非常に厳正に行われます。

カード会社が信用に値しないと判断した場合、ガンガン落とされます。フリーターや借金を抱えてる人よりも未来のある大学生の方がカードの発行されやすいかもしれませんね。

ですので、クレジットカードを持っている人はカード会社の厳正な審査を通過した信用できる人になるというわけです。

親に説明するときはクレジットカードを持っているのは信用の証明にもなるんだよということを伝えると良いかもしれませんね。

 

クレジットヒストリーを早くから作っておく

上記で説明したとおり、クレジットカードは「信用の証明」です。

クレジットカードを利用し延滞せずに支払いを続けるとカード会社の個人信用情報に記録されます。クレジットヒストリーなんて言われていますね。クレジットヒストリーは、カードの審査はもちろんのことローンの審査にも必ず参照されます

大学生のうちから良好なクレジットヒストリーを作っておくことで社会人になってからの審査で優遇されるとされています。クレジットヒストリーは長い期間をかけて積み重なって行くものです。

ゴールドカードなどステータスの高いカードに興味がある人は早くからクレジットカード使ってクレジットヒストリーを作っておきましょう。

 

これでもだめなら?

上記の理由を説明しても作ることを許可してくれない・聞く耳を持ってくれない場合に取れる行動は20歳になるまで待つかデビットカードを作ることです。

デビットカードは、クレジットカードと同じように決済に利用することができ、決済した瞬間に引き落とし口座からお金が引き落とされるカードです。

ですので、親がよく心配するクレジットカードを利用しすぎてしまう心配はデビットカードにはないですね。

ちなみに海外ではクレジットカードよりもデビットカードのほうが一般的なんですよ。以外ですよね。

合わせて読みたい

 

利用明細の通知はWebにしておこう

クレジットカードを利用すると毎月明細を見ることが可能です。その明細が毎月手紙で届くようだと親に心配されたりと何かと面倒なことも多いと思うので明細の確認をWebに設定しておきましょう。

 

まとめ:大学生もクレジットカードを持つべき

海外に比べクレジットカードの文化が普及していない日本ですが徐々にキャッシュレスの時代が近づいていますね。極端な人だと財布を持たないなんて人もいます。

今回は、クレジットカードに反対する親の説得する方法を紹介しましたが、クレジットカードを利用するメリットもたくさんあるので、大学生のうちからクレジットカード使いこなしちゃいましょう!

 

大学生におすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

大学生に問わずおすすめの口座開設数No.1証券会社の「SBI証券」。開設する証券会社を悩んだらとりあえず「SBI証券」を選んでおけば間違いありません。

楽天証券

楽天証券は文字通り楽天グループのネット証券会社です。楽天銀行と楽天証券を連携させる、楽天カードで投資信託を買うなどで楽天ポイントがザクザク貯まります。

よく読まている記事

1

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 Macbook Proを購入したあなた!Mac使いこなしていますか? Macbook Proのみでもとっても便利ですが周辺機器・ア ...

2

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 今回は、外出先でノートパソコンも充電できる大容量モバイルバッテリーを価格別に紹介したいと思います。 ノートパソコンを充電できるモバ ...

3

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 最近あまり経営状況がよろしくなさそうなブックオフ。昔なら買取をしてもらうならまず第一に名前が挙がるのがブックオフでした。 しかし、 ...

-学生
-,

Copyright© Gadget Lab.(ガジェットラボ) , 2019 All Rights Reserved.