理系大学生はどんなバイトするの?現役が教えるおすすめバイト5選

 

どうも、理系大学生のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

 

これから理系大学に入学する高校生が疑問に思うであろう

「理系大学生ってどんなバイトするの?」

 

という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

そもそも理系大学生活はアルバイトをしてる?

 

結論から言うと理系大学生も多くの人がアルバイトをしています!

 

もちろん文系に比べればアルバイトをしているの人の割合は少ないです。夏休みや春休みの長期休暇だけアルバイトをする人も多くいます。

丸一日暇な日などに派遣の日雇いアルバイトをしている人も僕の友達にはいますね。

 

理系大学生で忙しいけどなんとか時間を作ってお金を稼いでいるといった印象です。

 

理系大学生が実際にしているバイト5選

塾講師

 

おそらく断トツで多いのが塾講師です。理系を採用したい塾は多く、時給が高いので多くの理系大学生が塾講師のバイトをしています。

また、1コマ単位(1時間半)で授業ができるので時間のない理系大学生には予定が立てやすいのもメリットです。

 

多くの塾では中学生に教えるか高校生に教えるかによって時給が変わります。

もちろん高校生のほうが教えるレベルも上がるため時給が高いです。長く務めると受験生などを任されることもあります。

 

コンビニ

 

コンビニでアルバイトをする理系大学生も数多くいます。コンビニのメリットは何と言ってもシフトの融通が利くことです。

多くのバイトは最低でも週三からしか募集していないようなところも多いですがコンビニの場合、週一から募集しているようなところもかなりあります。

 

理系だと週三で働くのは結構厳しいのでシフトの融通の利くコンビニを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

 

派遣バイト

 

上でも書いた通り、丸一日暇な日に日雇いの派遣バイトをしている理系大学生は多いです。通常のアルバイトで週に3回も出勤するのは無理だけどお金はほしい!!という人は派遣のアルバイトをしましょう。

一日潰れてしまいますが10000円近く稼げるバイトも結構あるので忙しい理系大学生でも効率よく稼げます。

 

ただ、自分の暇な日に必ずしも派遣先がバイトを募集しているとは限らないので不安定な面もあります。

 

プログラマー

 

僕が情報科の学生だからかもしれませんが、僕の周りにはプログラマーのバイトをしている人が結構います。

最近、電車などで小中学生向けのプログラミングスクールの広告など見かけませんか?そういったところでバイトをしている人が多いです。他にはゲームのデバッグするバイトをしている人もいます。

 

プログラミングスキルは今の時代、とても重要なスキルなので自分も学びつつお金ももらえると思うと非常にいいバイト先ではないでしょうか。

エンジニア志望の大学生は長期インターンするべき!理由とメリット

続きを見る

【実体験】プログラミングを学んだ大学生が就職活動で有利すぎる話

続きを見る

 

大学のお手伝い(オープンキャンパスなど)

 

1人暮らしの大学生におすすめなのが大学のお手伝いのバイトです。

 

では具体的になにをするかというと、

  • オープンキャンパスでのキャンパス案内や資料の配布
  • TA(授業のアシスタント)
  • 付属の高校や中学での授業のお手伝い

などなど。

 

大学によってはここには書いてないようなバイトを募集している大学もあるかと思います。

そこまで肉体労働するわけではないので楽なバイトです。同じ大学内の人と仕事をすることになるので知り合いも増え一石二鳥なバイトでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回5つのバイトを紹介しまいたが、忘れないでほしいのは学業が優先ということです。理系大学生には文系大学生に比べて学業が忙しくバイトをする時間にも限りがあります。

 

紹介した5つのバイトに共通して言えるのは「時間の融通が利きやすいバイト」ということです。

バイトを一生懸命やっても留年すれば本末転倒なので学業とバイトを両立しながら大学生活楽しみましょう!

 

また、以下の記事も大学生のアルバイトについて書いているのでご参考ください。

→ 学生はバイトするなら週2がおすすめ。現役大学生が思う3つの理由

→ ここだけは押さえてほしい!おすすめのアルバイトの選び方、決め方

 

-College Life
-

Copyright © じゅんぺいメモ , All Rights Reserved.