投資

大学生が投資するなら株よりつみたてnisaがおすすめって話

更新日:

 

どうも、現役大学生のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

大学生なら誰もが一度は投資をしてみてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?この記事にアクセスをしたということは、ほぼまちがいなく投資に興味がある大学生でしょう。

ほとんどの大学生が投資と聞くと「株」や「不動産」が頭に浮かぶ人が多いでしょう。

まずはじめに断言します。お金少ない大学生に株や不動産でお金を増やすのは無理です。例外はもちろんありますが99%無理と言い切れます。

でも投資をしてみたい!」そんな大学生におすすめなのがつみたてnisaです。

こういうふうに書くとなんだか怪しい感じに聞こえるかもしれないですがつみたてnisaは国(金融庁)が推奨する投資制度なので安心してください。

 

つみたてnisaって?

つみたてnisaは2018年1月からスタートした少額から長期・積立・分散投資を支援するための制度です。日本に住む20歳以上の人なら誰もが利用する事ができるので大学生も対象です。

また、つみたてnisaの制度を利用して購入できる投資商品は国が厳選した投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されているので投資の知識の大学生や初心者などの幅広い年代の人におすすめです。

つみたてnisaの最大のメリットは投資によって得ることのできた利益(売却益、分配金の運用益)が非課税になります。本来、日本では投資で得られた利益に対して通常20.315%の税金がかかります。例をあげると100万円分の利益が出ても20万3150円は税金として差し引かれるということです。

つみたてnisaがいかにお得な制度であるかが分かったと思います。

 

そんな、お得な制度のつみたてnisaですがいくつか条件があります。

  • 投資額は年間最大で40万円まで
  • 非課税期間は最長で20年間
  • 投資可能期間は2018年~2037年

ほとんどの大学生は年間で40万円も投資することはできないと思うので40万という数字が条件に感じないかもしれませんが投資の世界で年間40万円は少額の扱いです。

また、非課税期間も最長20年なので注意が必要です。何が注意なのかというと自分がつみたてnisaを始めてから20年間が非課税ではなく、投資可能期間の2018年~2037年までが非課税という点です。

なので、遅く始めるほど投資できる金額が減り利益も出しにくくなるということです。

 

以上がつみたてnisaの詳細ですが、最後にもう一度だけ言うとつみたてnisaは投資そのものではなく投資をするためのお得な制度です。

 

なぜ大学生におすすめするか?メリットは?

上記のつみたてnisaとは?にかぶる部分がありますが紹介していきます。

文字通り積み立てるから

積み立てることのメリットは大きく分けて3点あります。

  • 少額から始められる
  • 損しにくい(分散投資が可能)
  • 手間がかからない

もし投資をするとき一度に50万円投資するのと毎月1万円を50回に分けて投資するのはリスク分散にもなり積立投資は毎月100円からでも気軽に始められます。

また、積立投資は一度購入する投資信託を設定すればあとは自動で買い付けてくれるので以降することは何もありません。

良くも悪くも投資している実感がわかないかもしれませんが、大学生の貴重な時間を他のことに使えます。

 

複利の力を活用できる制度だから

「複利」という言葉を知っていますか?投資の世界で複利のことを知るのは非常に重要です。

複利は、簡単に言うと利子にも利子が付くことです。例をあげると100万円を元手に年間5%で投資をしたとすると1年後には105万円(100万x1.05)、2年後には110万2500円(105万x1.05)、3年後には115万7625円といった具合でお金が雪だるまのように増えいきこのことを複利といいます。

複利の力は投資期間が長くなるほど効果が大きくなっていきます。

 

つみたてnisaのデメリットは?

元本割れの可能性

当然ですが投資なので元本割れの可能性があります。しかし、金融庁が投資信託を厳選してくれていたり、長期的に分散して投資する制度になっているなど投資の中ではかなり元本割れしにくいです。

 

投資できる金融商品が決まっている

つみたてnisaではよく悪くも投資できる金融商品を金融庁が決めています。

現在日本では、約6000本もの投資信託が販売されているとされていますがつみたてnisaで投資できる投資信託は合計161本です。

基本的に投資の知識がない大学生からしたらありがたいことだと思いますが限定されているという面でデメリットとして紹介しました。

 

投資できる金額が少ない

つみたてnisaで投資できる金額は年間で40万円までと決められています。

年間で40万円も投資できるほど余剰資金がある大学生はほとんどいないと思いますがこちらも制限されているという面でデメリットとして紹介します。

 

つみたてnisaの始め方

つみたてnisaを始めるにはまず証券会社の口座を開設する必要があります。口座を開設は無料なので安心してください。

大まかな手順を書くと、

  1. 証券口座を開設
  2. つみたてnisaの口座開設
  3. 証券口座とつみたてnisa口座の開設を待つ
  4. 口座開設完了

作業自体はとても簡単ですが口座開設完了まで1ヶ月から2ヶ月ほどかかる場合もあるのであります。すぐに投資をするかわからなくても無料なので口座の開設しておけば、いざつみたてnisaを始めようと思ったときにすぐに始められますね。

 

まとめ:大学生が投資をするならつみたてnisa

つみたてnisaについて理解できましたか?

国も推奨する投資制度のつみたてnisaは、2038年まで期間が決められています。つみたてnisaの制度を利用するための証券口座の開設や登録には1ヶ月以上かかることもあるので興味を持った方は少しでもあ早めに開設することをおすすめします。

また、現役大学生の僕(@jumpe1k01ch1)のつみたてnisaの投資状況も毎月更新しているので参考にしてみてくださいね!

 

大学生におすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

大学生に問わずおすすめの口座開設数No.1証券会社の「SBI証券」。開設する証券会社を悩んだらとりあえず「SBI証券」を選んでおけば間違いありません。

楽天証券

楽天証券は文字通り楽天グループのネット証券会社です。楽天銀行と楽天証券を連携させる、楽天カードで投資信託を買うなどで楽天ポイントがザクザク貯まります。

よく読まている記事

1

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 Macbook Proを購入したあなた!Mac使いこなしていますか? Macbook Proのみでもとっても便利ですが周辺機器・ア ...

2

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 今回は、外出先でノートパソコンも充電できる大容量モバイルバッテリーを価格別に紹介したいと思います。 ノートパソコンを充電できるモバ ...

3

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 最近あまり経営状況がよろしくなさそうなブックオフ。昔なら買取をしてもらうならまず第一に名前が挙がるのがブックオフでした。 しかし、 ...

-投資
-, ,

Copyright© Gadget Lab.(ガジェットラボ) , 2019 All Rights Reserved.