大学生はバイトを週何回にするべき?現役大学生が解説

 

どうも、現役大学生のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

 

大学生がアルバイトを始めて悩むことの1つが

「バイトのシフトをどれくらい入れるか」

ですよね?

 

少なすぎるとお金が入らないし、多すぎると学上に支障が出るし悩ましいところです。

そこで今回は、現役大学生の僕が実体験をもとにおすすめのバイトの頻度を紹介していきたいと思います。

 

僕が過去にバイト探しで使ってたサイト

マッハボーナスが特徴の「マッハバイト

  • 採用されたら最短で翌日に最大1万円のお祝い金「マッハボーナス」がもらえる
  • 「駅ナカ」「茶髪OK」など細かい条件から探せる

公式サイト→マッハバイト

 

ほとんどの大学生は週2~週4

 

様々な、統計サイトを見てもわかるように大学生のバイト頻度で最も多いのは週2~週4です。

参考:マイナビ 学生の窓口

 

僕の周りの大学生も、ほとんどの人が週2から週4で働いています。

僕のイメージですが、理系は「週2~週3」文系は「週4~週5」といったイメージがあります。

 

アルバイトを募集している多くの店舗では、週2か週3から募集している店舗が多いと思います。

余談ですが、マク○ナルドのバイトは人なら雇うという噂を聞きました(笑)

 

結論:僕は、週2をおすすめします!

 

結論からお話ししましょう。僕は、週2でアルバイトすることをおすすめします。

理由は、

かんたん説明

  • 若い大学生の自由な時間は超貴重
  • 週2でも十分な給料
  • 体感的に週2だと楽しくやれる

この3つの理由について以下で詳しく説明していきたいと思います。

 

週2でアルバイトをおすすめする理由

 

若い大学生の時の自由な時間は超貴重

自分が大学生のうちはなかなか実感しにくいですが、大学生の時間はとっても貴重です。

僕が週2でアルバイトをおすすめする一番の理由は、バイトをやりすぎず自由な時間を過ごすことができるからです。

 

もちろん、アルバイトをすることでお金は入りますがお金は社会人になったときにいくらでも稼げます。なので、大学生の貴重な時間をアルバイトに使いすぎなくてもいいのではないでしょうか?

ちなみに、僕は週2でアルバイトをしつつ、大学の勉強以外にプログラミングの勉強をしていました。

 

プログラミングの勉強で得た知識は就活時に大きく役立ったので、今振り返ると賢い時間の使い方ができたのと思ってます。

 

十分な給料

「週2回のバイトだとほとんど稼げないんじゃ?」

と思う人もいるかもしれませんが無駄づかいをしなければ、はっきり言ってぜんぜん生活できます。

 

僕の場合ですが、時給1000円で平日:4時間半、土日:7時間半、働いているので計算すると一ヶ月で48,000円も稼いでいます。普通の大学生なら十分生活できるお金です。

これじゃ全然足りないよという人はお金の使い方や節約・無駄遣いを見直した方がいいかもしれません。

 

体感的に週2のほうが楽しくやれる

ぼく個人の意見ですが、週2のほうがバイトを楽しくやれます。

週3、週4だと1週間の約半分はバイトをしているのであって、バイトでも店長や社員さんから多くを求められるようになります。

 

バイトに対して高いモチベーションを持って取り組んでいる人はいいですが、そうでない普通の大学生にとってははっきり言って面倒です。

バイトでも頑張っていれば時給を上げてもらえることもありますが、上がるとしてもせいぜい数十円なので、頑張るメリットは少ないです。

 

また、バイトを長く続けているとどうしても「飽き」が出てきます。僕は、過去に週3、週4シフトのバイトもしたことがありますが、「飽き」も週2のほうが出にくかったです。

当然のことですが楽しいバイトを見つけることも大切です。こればっかりは入ってみないと分からないことですが楽しいバイト先なら出勤するのが億劫になりません。

 

バイトではなく、インターンで稼ぐのがおすすめ!

 

経験談から言えるのですが、大学生はアルバイトより長期インターンで稼ぐのが圧倒的におすすめです。

僕の場合、3年半アルバイトした職場を辞めたあとエンジニアの長期インターンをしました。時給は1500円ほどもらえ、何より苦手だった接客をしなくなったので精神的疲労がなくなりました笑。

 

アルバイトにはないインターンのメリットは、

就活に直結している」「バイトより時給が高いことが多い」「学べるスキルの価値がバイトより高い

です。

就活しながら時給がもらえるので、これだけで一石二鳥どころではないですね。

 

長期インターンの選考には高い意識を持った学生が多くくるので、採用されるのはバイトに比べ大変ですが、挑戦してみる価値はあります。

僕の長期インターン経験談は、いくつか記事にしていますので興味があれば参考にしてみてください。

【実体験】プログラミングを学んだ大学生が就職活動で有利すぎる話

続きを見る

エンジニア志望の大学生は長期インターンするべき!理由とメリット

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか?

大学生のアルバイトは週2がベストということが伝わりましたでしょうか?

 

もちろん夏休みなどの長期休暇などはもう少しあるシフトを増やすのも全然ありです。臨機応変にシフトを入れましょう。

今回紹介した3つの理由の中で一番大切なのは「大学生の時間は貴重」ということです。貴重な大学4年間の時間を有意義に過ごしましょう!

 

-College Life
-

Copyright © じゅんぺいメモ , All Rights Reserved.