コスパ重視!ネットで買えるおすすめの外付けHDD・SSDまとめ

 

どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

 

この記事では、ネットで買えるコスパの良い外付けHDD・SSDをまとめたので紹介していきます。

【Windows】1万円以下で買える英語(US)配列キーボードまとめ

続きを見る

ノートパソコンも充電できる!おすすめ大容量モバイルバッテリー6選

続きを見る

 

SSDとHDDの違い

 

SSDとHDDについて最低限しておくべきことをまとめます。

 

HDD(Hard Disk Drive)は、

  • SSDに比べて大容量&安価
  • 速度はSSDに劣る
  • 作動音がする
  • 構造的に衝撃に弱い
  • 消費電力が多い

 

SSD(Solid State Drive)は、

  • HDDに比べて小容量&高価
  • 速度がHDDに比べてかなり高速
  • 作動音がしない
  • 衝撃に強い
  • 消費電力が少ない

 

まとめると、とにかく速度や音はどうでもいいから大容量で安いものが欲しいのならHDD、価格は高くてもいいから高速がいいのならSSDという感じです。

※HDDの速度が遅いといっても画像や軽い動画くらいなら一瞬なので安心してください。SSDが以上に早すぎるだけです。

 

外付けHDD・SSDの選び方

 

容量は?

多くの外付けHDD・SSDの容量は、256GB~2TBほどで販売されています。当然、容量が多くなるほど価格が高くなるので自分の用途や条件に合う容量の外付けHDD・SSDを選びましょう。

もっともコスパがいいのは、据え置き型の2~3TBの外付けHDDです。

 

据え置き?ポータブル?

外付けのHDD・SSDは、据え置き型とポータブル型に分かれます。特徴としては、据え置き型は大容量で比較的安価です。

一方でポータブル型は据え置き型に比べ容量は少な目で価格も高価です。もちろん、ポータブル型でも価格は高くなりますが大容量のものも販売されています。

 

完全にパソコンのバックアップ専用だったり持ち運びをすることはまずないのなら据え置き型を、動画や写真などを保存しておき外出先でも必要になったら外付けHDD・SSDから取り出したいのであればポータブル型がおすすめです。

 

接続方法は?

多くの外付けHDD・SSDで使われている規格はUSB3.0です。最新のものだとUSB-Type-C(MacだとThunderbolt3)を採用しているものもあります。

あなたが利用しているパソコンがどの規格に対応しているかによって接続方法を選びましょう。

 

ほとんどのパソコンにUSB3.0が採用されているので、よくわからなければUSB3.0規格の外付けHDD・SSDを選んでおけば間違いありません。

 

おすすめの外付けHDD・SSDまとめ

【据え置き】I-O DATA EX-HD3CZ 3TB

ポイント

  • ストレージ容量:3TB(3000GB)
  • 入力ポート:USB3.0/USB2.0
  • 付属品:USB 3.0ケーブル(約1m)、ACアダプター、取扱説明書
  • 保証:1年間、電話サポート

 

【据え置き】BUFFALO 外付けHDD 2TB

ポイント

  • ストレージ容量:4TB(4000GB)
  • 入力端子:USB3.0/2.0
  • 付属品:USB3.0ケーブル(約1m)、ACアダプター、取扱説明書

 

【据え置き】BUFFALO WD-LC3.0U3-WHF 3TB

ポイント

  • ストレージ容量:3TB(3000GB)
  • 入力端子:USB3.0/2.0
  • 特徴1:充実したサポート(チャット、LINE、メール、電話)
  • 特徴2:パターン認証の暗号化機能あり

 

【ポータブル】Transcend TS1TSJ25M3G 1TB

ポイント

  • ストレージ容量:1TB(1000GB)or 2TB(2000GB)
  • 入力端子:USB 3.1/3.0
  • 保証:3年間
  • 特徴1:米軍の落下試験基準に適合する3段階衝撃保護システム搭載(シリコンラバーケース、内部衝撃吸収サスペンションダンパー、強化ハードケーシング)
  • 特徴2:即時にバックアップ、同期、大量ファイルのコピーが行えるワンタッチ自動バックアップボタンあり

 

【ポータブル】I-O DATA 外付けHDD 1TB

ポイント

  • ストレージ容量:1TB or 2TB or 3TB or 4TB or 5TB
  • 入力端子:USB 3.0/2.0
  • 付属品:USBケーブル(約30cm)
  • 保証:1年間
created by Rinker
アイ・オー・データ
¥6,658 (2020/09/24 22:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

【ポータブル】WESTERNDIGITAL外付けHDD 2TB

ポイント

  • ストレージ容量:1TB or 1.5TB or 2TB or 3TB or 4TB
  • 入力端子:USB 3.0/2.0
  • 付属品:USBケーブル(約46cm)
  • 保証:2年間

 

【ポータブル】BUFFALO 外付けHDD 2TB

ポイント

  • ストレージ容量:1TB or 2TB
  • 入力ポート:USB 3.1/3.0
  • 付属品:USB3.1ケーブル(約50cm)、取扱説明書
  • 特徴1:充実したサポート(チャット、LINE、メール、電話)

 

【SSD】Buffalo PL480U3

ポイント

  • ストレージ容量:120GB or 240GB or 480GB or 960GB
  • 入力ポート:USB 3.1/3.0/2.0
  • 付属品:50cmケーブル、保証
  • 特徴1:1年間の保証

 

まとめ:外付けHDD・SSDで安全にデータの保管を!

この記事では、ネットで買えるおすすめのHDD・SSDを紹介しました。

外付けHDD・SSDは一つ持っておけば複数のパソコンで使えるのでデータのやり取りにとても便利です。

 

また、パソコンのバックアップって意外としていない人も多いですが、バックアップをきちんととっておかないともし壊れたら手遅れになってしまいます。

データの管理に必須といえる外付けHDD・SSD、まだ一つも持っていないなら早めに揃えましょう!

 

-Gadget
-

Copyright © じゅんぺいメモ , All Rights Reserved.