大学生がバイト以外で稼ぐ方法10選。僕はバイト辞めました。

 

こんにちは、21卒のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。

 

「アルバイトじゃ全然稼げないな」

「アルバイト時間の無駄だな」

と大学生活の中で思ったことはありませんか?僕は思いました!

 

この記事では、「大学生がバイト以外で稼ぐ方法」をバイト以外から毎月10万以上稼いでいた21卒の僕が紹介します。

 

結論:長期インターンがおすすめ

 

長期インターンではお給料が出ることが多く、時給もアルバイトの時給に比べ高い場合がほとんどです。僕が就活時にしていた長期エンジニアインターンでは時給1500円もらっていました。

時給1500円だと週3フルタイムで働くと15万円近くもらえるので最高です。まぁ、長期インターンってアルバイト契約になるので、バイト以外じゃないっていえばそうなんですけど。

 

アルバイトにはないインターンのメリットは、

就活に直結している」「バイトより時給が高いことが多い」「学べるスキルの価値がバイトより高い

です。

 

就活しながら時給がもらえるので、これだけで一石二鳥どころではないです。

エンジニア志望の大学生は、長期インターンで実務経験を積んでおくべき理由

続きを見る

エンジニアインターンの探し方と21卒の僕が使ったサイトを紹介

続きを見る

 

僕の場合、ブログで月5万稼ぎました

 

おそらく大学生が一番始めやすく、大きく稼げる可能性があるのはブログです。

始めやすいといった理由には、2つあり「パソコンさえあれば始められる」「初期費用が安い」からです。

 

ブログを始める際に必要なものは、すでにパソコンはあるものとして除くと「レンタルサーバー代」と「URL代」のみです。

レンタルサーバーは月額1000円前後、URL代は年間1000円前後です。初期コストは非常に安いですね。

 

近年だと「ブログはオワコン」「Youtubeの時代」などと言われますが、昔に比べ大きく稼ぐのが難しくなったに過ぎず、月数万円なら普通に稼げます。

大学生ならアルバイト以外で月数万円の収入かなり大きな額ですし、社会人の副業としても月数万円は大きいですよね。

 

始めやすさで言えば、ブログはダントツだと思うのでおすすめです。

過去記事で大学生向けのブログの始め方を解説しているので参考にしてみてください。

【大学生向け】ブログの始め方。初期費用、手順等を徹底解説

続きを見る

 

大学生がバイト以外で稼ぐ方法10選

 

クラウドソーシング

バイト以外で稼ぐとなるとクラウドソーシングを使うのは有名ですね。

クラウドソーシングは、ライティングや外国語翻訳、デザイン、プログラミングなどの仕事をネットで外注、受注できるサービスのことです。

最近だとCraudiaクラウディア とかが有名ですね。

 

つまり、ネット上で仕事を探して単発で仕事をこなしていくということですね。

デザインスキルやプログラミング、外国語のスキルを持っている人は一度挑戦してみるかちはあります。

 

ただ、個人的にライティングに限っては、自分でブログを始めるほうが稼げると思うのでブログをおすすめします。もちろん、ライティングもクラウドソーシングで稼げますが!

公式サイト→Craudiaクラウディア

 

得意・スキルを売る

売るというとモノを売ることをイメージする人が多いかと思いますが、最近は自分の得意・スキルを売ることができます。

大手だと【タイムチケット】ココナラ です。

 

得意・スキルの例としては、イラストが得意なら「あなたの顔のイラストを作ります」とかですね。

一度、タイムチケット やココナラで出品されている得意・スキルを見てみてできそう確認してみましょう。

公式サイト→【タイムチケット】

公式サイト→ココナラ

 

有料noteを売る

実は僕も有料note書いてます。

noteは、自分で書いた小説、漫画、自分の経験や知識を有料で販売できるサービスです。(無料でもできる)

 

価格は100円から1000円で設定できます。

なにか珍しい体験や需要のある情報がある人は、有料noteを書いてみてはいかがでしょう?

 

しかし、ただ書いただけでは多くの人に知ってもらうことはできないので、自らのSNSやブログで集客する必要があります

参考までに、僕の書いた有料noteです。

 

Youtube

紹介するまでもないですがYoutubeも稼げます。

以上!

 

【熱い!】動画編集

動画編集で稼ぐ方法としては、ほとんどがYoutuberの動画編集を代わりに代行して収入をもらうというものです。

Youtube動画編集の平均単価は動画1本辺り3000円〜5000円程が多いです。大物Youtuber専属の動画編集者とかだと月30万円以上稼ぐ人もいます。もはや本業ですね。

 

動画編集の仕事は直接Youtuberに営業をかけて仕事を獲得することが多いです。

これから、5Gの普及などから動画市場はより拡大し単価も上がる可能性があります。これからお金を稼ぎたい大学生にとってはぴったりです。

 

動画編集で稼ぐための勉強におすすめなのが、SkillHacksシリーズの一つMovieHacksです。

動画編集のスキルに関する教材って本でも動画いろいろありますが、稼ぐところにフォーカスしているのは僕の知るところだとMovieHacksだけです。

 

というのも、MovieHacksの講師が現役でYoutuberの動画編集をされている生ハム帝国さん(@nhtk21)なので動画編集のスキルのみではなくYoutuberの案件を取るというところまで教材の内容に入っています。

 

現状、動画編集をして稼ぐの目的なのであればMovieHacks一択なのではないでしょうか。

 

プログラミング

プログラミングスキルをつけることで、バイトよりも格段にお金を稼ぐことができます。

プログラミングと聞くと難しく感じるかもしれませんが、最近だと理系文系問わずプログラミングを学ぶ人が多いですよね。

 

クラウドソーシング等でWEB制作やLP制作などプログラミングを使ってできる案件は1案件5万円以上など高単価で受注することができます。

しかし、個人的にはプログラミングを勉強しある程度スキルを身に着けたら長期インターンでお給料をもらいつつ実務を学び、よりスキルに磨きをかけるほうがおすすめです。

 

スキルがあればクラウドーソーシングでも何でも仕事を取れますから。

 

プログラミングの知識0という人も、プログラミングスクールで3ヶ月から半年ほど集中的に学ぶことで簡単なWebサービスを作るレベルになれます。

最近はオンラインで通えるプログラミングスクールもあり、大学に通いながらプログラミングを勉強することが可能です。

 

プログラミングの知識はこれからの時代、あって困るものではないので少しでも興味がある人はプログラミングスクールの無料体験をしてみることをおすすめします。

【悩んでる人へ】プログラミングスクールは大学生のうちに行くべき理由

続きを見る

【実体験】プログラミングを学んだ大学生が就活で有利すぎる話

続きを見る

 

Webライティング

すでに何度か出てきていますが、Webライティングもアルバイト以外で稼ぐ方法の王道ですね。

仕事内容は、クラウドソーシング等で案件を受注し、記事を依頼されて自分で調べながら書くという感じです。

 

パソコンさえあれば「空いた時間に文章を書く」ということができる仕事なので、自分の好きな時間に稼ぎたい分だけ稼ぐことができるのが大きな魅力的です。

文字単価は1円以上が多いので、1時間に2000文字で時給2,000円ですね!

 

インフルエンサーとして稼ぐ(Twitter、インスタグラム、TickTok)

大学生の中には、インフルエンサーとしてお金を稼いでる人もいます。インフルエンサーは広告収入とスポンサー契約料が収入源です。

広告料の単価は1フォロワーにつき1円が相場なのでインフルエンサーとして稼ぐには、まずフォロワーを集める必要があります。

 

個人的には、インフルエンサーになるならない関係なく大学生はSNSのフォロワーは増やしておくべきだと思います。

情報発信が当たり前の現代なので、楽しみながらコツコツSNSを運用しておきましょう。気長に楽しく運営していたらフォロワーも増え、気づいたらインフルエンサーになっているかもです。

 

Uber Eats

Uber Eatsをやるというのも一つの選択肢ですね。隙間時間にひたすら食べ物を運びまくります。

ただ、「結局バイトとやってること変わらなくないか?」と思いませんか?

 

メルカリ、ヤフオクで転売

メルカリやヤフオクで転売してお金を稼ぐことも可能です。

副業と聞くと転売を最初にイメージする人も多かもしれませんね。

 

転売は副業の中でも即金性が高く、やるべき作業内容は

商品の仕入れ」 → 「梱包」 → 「配送

など単純作業なので初心者でも月に数万円稼げる可能性が高いです。

 

とはいえ、転売する商品を購入するのにお金が必要なため初期コストが高い上に、在庫が残るリスクもあるのであまりおすすめはしません。

 

アンケート・ポイントサイトは時間の無駄なので辞めるべき

 

ポイントサイトでクレジットカード作れば1万円もらえると聞くと凄いように見えますが、その1万円は継続的な収入ではなく一時的なものです。

つまり、ポイントサイトで稼いでも稼ぐスキルが後に残りません

 

おすすめのポイントサイトの使い方は、ポイントサイトで稼いだ一時的なお金をプログラミングスクールに行くための初期投資にあてる等ですね。

アンケートサイトはいつまでたっても稼げないし本当に時間の無駄なので辞めましょう。

 

投資・資産運用で稼ぐは幻想

 

バイト以外で稼ぐ方法を他サイトで調べてみると「投資」「資産運用」をおすすめしているサイトもありますが、僕は稼げないと思います。

そもそも普通に考えれば分かるのですが、投資の年間平均利回りは5%とされています。ある大学生が10万円で「投資」「資産運用」スタートしたとして1年後には10万5000円です。

 

稼げてませんよね。100万円でも1年後に105万ですよ。

上記でお分かりの通り大学生は「投資」「資産運用」では稼げません。もちろん数百万、数千万用意できれば話は別ですが。

 

まとめ:自分にあった稼ぎ方を!

一番大切なことは、まず行動してみることです!

どれでも自分が「やってみたいな」や「これなら自分でもできそう」と思ったものにチャレンジしてみましょう。

 

-College Life
-

Copyright © じゅんぺいメモ , All Rights Reserved.