学生のうちに使っておこう!おすすめのガジェット・ソフトウェア学割

 

どうも、現役大学生のじゅんぺい@jumpe1k01ch1です。

先日こんなTweetをしました。

 

僕はガジェットが大好きでかなり頻繁に購入するのですが、購入するときに絶対調べるのが学割があるかどうかです。探してみると意外とあるんですよ!

特にガジェットとかソフトウェアってお値段が高めのものが多いから少しでも安くなるのはありがたい。

 

この記事では、学生にうち使っておきたいガジェット、ソフトウェア系の学割をまとめたので紹介していこうと思います。

 

ガジェット・サービス系学割

 

Apple

 

学生の皆さん!朗報です。新品のMacが正規の価格よりも安く購入できるApple公式専用ストア「学生・教職員向けストア」があることをご存じでしょうか?だいたい定価の10%~15%程度の値引きがされています。

大学によってはアップル・オン・キャンパス・プログラムに参加している大学もあります。その場合、学割価格からさらに4%割引で購入することができます。自分の大学がアップル・オン・キャンパス・プログラムに参加していること祈りましょう。

 

ちなみに、学生でない方にも安く購入できる公式ストアがあります。「Apple認定整備済製品」です。こちらは新品ではなく、初期不良や不具合のあったものをAppleが再整備したものです。商品は新品同様で1年間も保証がついているのに割り引かれているのはすごくないですか?

 

Microsoft

 

Appleに学割があるようにMicrosoftにも学割があります。スタイリッシュでかっこいいSurfaceの学割、またレポートやプレゼンをするのに必須のOfficeにも学割価格のアカデミック版があります。

Surfaceの学生優待プログラムでは最大42000円お得になるキャッシュバックキャンペーンをやっているのでパソコンの購入を考えている方はチェックしてみてください。

 

Amazon Prime Student

 

今の時代、Amazonを利用したことがないという方のほうが少ないのではないでしょうか?そんなAmazonにも学割があります。Amazon Prime Studentです。

 

おそらく、今回紹介する中で最もお得なのがAmazon Prime Studentです。お得なポイントを紹介していきましょう。

  1. 年会費が半額(通常3900円→1900円)
  2. 6か月の無料体験
  3. 1000円分のポイントがもらえる
  4. 本を購入すると10%ポイント還元

上記は本家PrimeにプラスαのStudentのみのサービスです。Primeでさえかなりお得なのにPrimeより安くてさらにお得なんて流石Amazon様という感じですね笑

 

Amazon Prime Studentについて詳しくはこちらの記事をご参考ください。

Amazon Prime Studentがおすすめすぎる!できること・メリットまとめ

公式サイト→Amazon Prime Student

 

ソフトウェア系学割

 

AWS Educate

クラウド業界を牛耳っているAmazonのAWSにも学割「AWS Educate」があります。AWS Educateでできることは、

  • AWSで使えるクレジットがもらえる(AWS加盟校なら100USD、非加盟校なら40USD)
  • AWS Technical Essentials トレーニングコースに参加できる
  • セルフスペースラボを使える
  • 学習コンテンツへのアクセス

などなど。

 

情報科の学生やプログラミングに興味がある学生くらいしか利用する機会はないかもしれませんが、クラウドシェアNo.1のAWSを学習することができ最低40USD分利用できる機会が与えられているのはありがたいです。

僕の場合AWSを卒業研究で利用することを考えているのでAWS Educateをがっつり使うつもりです。

公式サイト→AWS Educate

 

Jetbrains IDE

最強の統合開発環境で人気のJetBrains。学生なら学割で有料のJetBrains IDEが使えます。個人的にはこれが一番嬉しいと思う。

phpならPHPStorm、PythonならPycharmなどなど。一度使うと他のエディタに戻れない。(卒業したらどうしよう...)

公式サイト→JetBrains

 

Adobe Creative Cloud

 

Adobe  CCはクリエイター、デザイナーの世界では欠かせないプロも使うソフトが使えるサービスですがこちらも学割があります。それが「Adobeクリエイティブクラウド 学生・教員個人版(アカデミック版)」です。

 

通常は月5000円(年間契約)で全ソフトが使えるAdobe CCを契約できます。たくさんあるAdobeのソフトを月5000円ですべて使えるなら安く感じるのですが、学生割を使えば付き1980円ですべてのソフトが使えます。非常に安い!Adobeさん太っ腹です。

すべてのソフトは使わないよという方にもフォトプランやIllustrator単体プランなどもあるのでチェックしてみてください。

 

まとめ

学割って意外とたくさんの企業がおこなっているので、せっかく学生なら存分に学割を使っちゃいましょう!

今回はガジェット系の学割を紹介しましたが、学割にも様々なサービスがあるので、何かを購入したり利用したりするときに学割があるかどうかを調べてみるのがおすすめです。

 

よく読まている記事

1

  どうも、学生エンジニアのじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 この記事では、現役学生エンジニアの僕がおすすめのプログラミングスクール紹介します。 僕自身、大学の専攻が情報学であ ...

2

  どうも、じゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 Macbook Proを購入したあなた!Mac使いこなしていますか? Macbook Proのみでもとっても便利ですが周辺機器・ア ...

3

  どうも、21卒のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 先日、こんなTweetをしました。 現在就活中の方はどんな就活サービス使われてますか? 21卒で2月まで就活をしていた僕は ...

4

  どうも、元ブックオフ店員のじゅんぺい(@jumpe1k01ch1)です。 最近あまり経営状況がよろしくなさそうなブックオフ。昔なら買取をしてもらうならまず第一に名前が挙がるのがブックオフ ...

-大学生活
-

© 2020 Gadget Lab. Powered by AFFINGER5